お肌のシミやくすみを解消するために美白化粧品を使う人が増えていますが、美白成分にはどんなものがあるのでしょう。大抵の場合、3種類の美白成分が、しみを目立たなくする効果があるとして使われています。

メラニン色素の働きを阻害する栄養素に、ビタミンCやその誘導体があります。少し高級な美白化粧品にはプラセンタエキスやカミツレエキスなどが含まれています。抗酸化作用が強い栄養素も、美白に効果があるとして重宝されています。酸化を防ぐ効果がある栄養素はビタミンEやポリフェノールで、ビタミンCも有効だといいます。

肌のターンオーバーを助ける成分も、美白効果があるとしてよく使われています。生成されたメラニン色素を体外に出すことが可能です。美白化粧品といっても成分はいろいろです。自分の肌に合うものと合わないものがあるでしょう。普段使いの化粧品から美白化粧品に切り替えたところ、肌のコンディションが悪化してしまったという人もいます。購入前に、トライアルセットなどで美白化粧品と肌との相性をチェックしてください。